MENU
カテゴリー

植物育成LEDライトにおすすめなダクトレール!植物棚への取り付け方も解説。

棚板にダクトレール取り付け

植物をLEDで育てたい!でもダクトレールが必要みたい…

oi

どの商品を買えばいいか迷いますよね〜

そんなお悩みを解決します!

僕は、アガベやパキポディウムといった多肉・塊根植物を、植物育成LEDライトで育てています。

植物棚
僕の植物棚の写真です。

このように植物育成LEDライトを使う場合は、植物棚にダクトレールを取り付けて使用することがおすすめです!

ダクトレール選びで困っています…

oi

そんな方のために、「僕が実際に使ってよかったダクトレール」をご紹介します!

本記事では、植物をLEDライトで育てようとしている方向けに、おすすめのダクトレール(別名ライティングバー・ライティングレール)をご紹介します!

お得情報!

植物育成LEDライト
Hasu38 spec9

人気の植物育成LEDライト「Hasu38 spec9」が、7500円→5300円に値下げされたようです!

昨年よりもお買い得になって嬉しいです。僕も1つ買い足しました。

¥5,698 (2024/05/19 22:18時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

本記事にお越しいただいた方には、こちらの記事もおすすめです!

Contents

植物育成LEDライトにおすすめなダクトレール!

oi

僕が実際に使用している、おすすめのダクトレールをご紹介します!

ELPA(エルパ) ライティングバー ダクトレール

植物育成LEDライトの取付におすすめのダクトレールが、「ELPA(エルパ)」のダクトレールになります。

棚板にダクトレール取り付け

価格は3,000〜4,000円ほどです。

oi

セール等で変動する可能性もありますので、下記の商品ページよりご確認下さい!

ELPAとは?

「ELPA」は、朝日電器株式会社のオリジナルブランドになります。

朝日電器株式会社は電器製品を取り扱うメーカーベンダーとして電器製品の流通を担っている企業です。また、一方ではベンダーとしての利点を活かし、オリジナルブランドである「ELPA(エルパ)」ブランドも展開、一般消費者様のニーズに応える独自性の高い商品展開に取組んでいます。

事業内容 | 会社情報 | ELPA 朝日電器株式会社

朝日電器株式会社は、1970年設立の日本企業です。電球や照明器具、電源タップ、家電用品などを扱っているようです。

製品ラインナップ

ELPAのダクトレールには以下のラインナップがあります。

ELPAダクトレールのラインナップ
  • コンセント接続式
    • レール長さ0.5m
    • レール長さ1.0m
  • コンセント接続式(リモコンON/OFF可能タイプ)
    • レール長さ0.5m
    • レール長さ1.0m
  • 天井取付式
  • 天井取付式(リモコンON/OFF可能タイプ)

僕は、コンセント接続式のタイプを購入しました。

oi

本記事では、「コンセント接続式」タイプをご紹介しています!

基本スペック

「コンセント接続式」のスペックになります。

項目スペック
電源コンセント接続
定格AC100V15A
合計1,500Wまで
本体質量レール長さ0.5m:0.6 kg
レール長さ1m:0.7 kg
耐荷重取付器具重量 10kgまで
コード長さ約3m
カラーアイボリー or ブラック
材質金属
付属品取付ネジ3本(Φ4×38mm)
ELPAダクトレールのスペックまとめ

こちらのスペックは、Amazon楽天市場の商品ページを参照しています。

ELPAのダクトレールを選んだ理由

白熱電球

ELPAのダクトレールを選んだ理由について解説します!

ELPAのダクトレールにした理由
  • コンセント接続なので賃貸でも使いやすい
  • レール長さを選べる
  • 後からレールを延長できる
  • カスタマイズ性が高い

ひとつずつ解説していきます。

コンセント接続なので賃貸でも使いやすい

いちばんのおすすめポイントが、「コンセント接続式」なところ。

ダクトレールは、天井に設けられているソケット部(照明器具を取り付けているところ)に直付けするタイプが一般的です。

天井照明の取り付け場所
こういった所に取り付けるのが一般的。

しかし、賃貸などの場合、このようなソケット部は各部屋に1箇所のみのケースがほとんどです。

oi

これじゃ植物育成用のダクトレールは取り付けられない…

そこで便利なのが、「コンセント接続式」のダクトレールです。

コンセントにプラグを挿して電源供給を行うため、賃貸でも気軽に使用することができます。

  • 天井には取り付けられない
  • 賃貸なので電気工事もできない

といった方に非常におすすめです。

レール長さを選べる

ELPAのダクトレールは、ショートタイプ(0.5m)とロングタイプ(1m)のものがあります。

ダクトレールの長さは、

  • 植物育成LEDライトを取り付ける個数
  • ダクトレールを取り付けるスペース

によって決まってきます。

賃貸などの場合、スペースが限られるため、複数の長さから選択できる点がメリットになります。

僕も設置環境の問題で、短めの0.5mのものを購入しました。そこにLEDを2つ取り付けて使用していますが、現状はとても満足できています。もう1個くらいなら、LEDを追加で取り付けても問題なさそうです。

Hasu 38 spec 9 取付
0.5mのELPAダクトレールにLEDを2つ取り付けています。

後からレールを延長できる

ELPAのダクトレールはカスタマイズ性が高く、後からレールを延長させることができます。

別売りの

  • ミニジョインタ
  • 延長用レール

を購入することで、レール部の延長が可能になります。

もし、植物が多くなってしまい、LEDライトを増やしたくなった場合、ダクトレールを追加購入する必要があります。

コンセントが一杯でこれ以上増やせない…

そんな時、レール部の延長ができると、コンセントの圧迫を防ぐことができますし、ダクトレールを追加購入するコストを抑えることができます。

カスタマイズ性が高い

先ほどご紹介した「ミニジョインタ」には、ストレートタイプだけでなく、角度変更が可能なタイプも販売されています。

こちらを使用することで、ダクトレールを直角に組み合わせることも可能です。お部屋や取付環境にあった形にカスタマイズすることができます。

ダクトレールを植物育成棚に取り付けてみた!

植物育成LEDライト
oi

実際に取り付けてみました!

僕はプチDIYをして植物育成棚を作成しました。

もともと使用していたユニットシェルフにダクトレールを取り付けることで、植物育成棚として活用しています。

こちらを植物育成棚にDIYしました

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ダクトレール本体は棚板にネジ止めした

写真のように、棚板の裏側にダクトレールをネジ固定しました。

棚板にダクトレール取り付け

ラックから棚板を取り外し、電動ドライバーで3ヶ所ネジ固定しています。

棚板にダクトレールをネジ止め

\使用した電動ドライバー!/

Xiaomi電動ドライバー外観

脱線しますが、上記写真の電動ドライバーは僕のイチオシの商品です。ミニマルな見た目が最高すぎます…

充電式でワイヤレスなので使いやすく、サクッとDIYできちゃいます。

過去にレビュー記事を書いたので、よかったらご参照下さい。

ダクトレール対応のソケットを購入して植物育成LEDライトを取り付けた

ダクトレールに直接LEDを取り付けることはできません。

こちらのような、「ダクトレール対応のソケット」を別途購入する必要があります。

ダクトレール対応ソケット

このソケットを、ダクトレールに取り付けます。レールに差し込んで90°回転させるだけでOKです。

ソケットをダクトレールに取り付け

その後、植物育成LEDライトをソケットに取り付けます。クルクル回していくだけです。

ソケットにLEDライトを取り付け

これで、ダクトレールを使用した植物育成棚の完成です!

植物育成LEDライト

\僕が使っている商品はこちら!/

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

現状は不具合など起きず使えています

ELPAのダクトレールを2022年7月から使用していますが、今のところ特に不具合など無く使用できています!

スポットライト型のLEDを4つ取り付けていますが、重さで落下するといったこともありません。

ダクトレールと一緒に買いたいアイテム3選!

考える女性の画像

植物をLEDライトで育てるなら、ダクトレールと一緒に揃えてほしいアイテムがあります

xydled ソケット

ダクトレール対応ソケット
xydledのダクトレール対応ソケット

先ほども解説しました通り、ダクトレールには直接LEDを取り付けることができません。「ダクトレール対応のソケット」を別途購入する必要があります。

ソケットは、ダクトレールとLEDの口金サイズに対応していれば基本何でもOKです!

oi

安い&2個セットでコスパが良いという理由から、「xydled」のものを使用しています。

僕が使用しているのがこちらの「xydled」のソケットになります。ELPAのダクトレールに、問題なく取り付けできました。

詳細はこちらの記事でも解説しています。

Meross スマート電源タップ

Merros スマート電源タップ
Meross スマート電源タップ

ぜひ使ってもらいたいのが、Merossのスマート電源タップです!

こちらの商品は通常の電源タップとは異なり、ON/OFFをスマホから操作したり、スケジュールを設定して自動ON/OFFをすることができます。

Meross スマート電源タップでできること!
  • スマホアプリからのON/OFF切り替え
  • スケジュールを設定してON/OFF切り替え(朝7時にON、夜7時にOFFなど)

植物のLED育成において、24時間ライトを照射する育て方は基本行いません。

朝に電源をON、夜に電源をOFFにして、太陽光を再現するのが一般的ですが、ダクトレールの電源ON/OFFを毎日手動で行うのはとても大変です…

Merossのスマート電源タップを使うことで、この作業を自動化することができます。

oi

スマート電源タップがあるだけで、恐ろしいほど楽になります!LED育成のマストバイです。

こちらの記事で詳しくご紹介しています。

Keynice USB式小型サーキュレーター

keynice USBファン
Keynice USBファン KN-618

植物の育成には、「光・水・風」の3要素が重要とされています。特に、アガベやパキポディウムといった多肉・塊根植物は、これらの要素を満たさなければ、かっこいい姿に育てることができません。

室内で「風」を再現するには、小型サーキュレーター・USB式ファンなどが有効です。

oi

植物育成用の小型サーキュレータなら、Keyniceの製品がおすすめ!

僕が推しているのが、「Keynice」の小型サーキュレーターです。

こちらの記事でレビューをしているので、よかったらご覧下さい!

本記事のまとめ

oi

本記事でご紹介した商品をまとめておきます!

\本記事でご紹介したアイテムまとめ!/

植物育成LEDライト取り付け用のダクトレール選びに困っている方の参考になれば幸いです!

本ブログでは、他にも植物カテゴリの記事を更新しています。よかったら下記より覗いてみて下さい。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 非常にためになる内容でした!
    ちなみに…植物棚はどちらのものをお使いでしょうか?
    可能であれば詳細を教えて頂きたいと思います。
    よろしくお願い致します。

    • コメント頂きありがとうございます!
      僕はワイエムワールドのユニットシェルフをDIYして植物棚として使用しています。
      記事内に商品リンクを追記しましたので、ご確認いただければと思います。
      ただ注意点として、見た目はとてもおしゃれなのですが、植物を置きすぎると棚板が若干ですが湾曲してしまいます…笑(本来の用途ではないので仕方のないことなのですが)
      おしゃれさよりも丈夫さを求めるのであれば、スチールラック等の方がいいかもしれません。ご検討くださいませ!

コメントする

CAPTCHA


Contents